20181203

オレンジ色のポリゴン

柿なんてもっとも嫌いな果物だったのに
近年は好んで食べるようになっている
オレンジ色のポリゴン感も大好き

20181201

更新

先月8年ぶりに会った人は
変わらず元気そうだった

毎晩、携帯に電話番号を移行しながら
いろんな人の元気を想像している

思い出すのは元気な姿
私もそういう姿を皆に定着してきたと思っている

久しぶりに会うということは
お互いが思い浮かべる画像を更新しあう
そうゆうことだ

20181129

浦島次郎

携帯の機種交換をした。
お店の人に聞くと前回は12年前だそうで
目が点になっていた。

浦島次郎の機種交換はひとすじなわでは遂行しない
どうやら新機種はブルートゥースでしか電話帳の移行は
できないようで、10年前の機種に赤外線はあっても
それは無く、、、。

年末にかけて、毎晩2人を目標に
手打ちで電話帳を作っていくことになった。

なんて ナイスな 携帯なんだ。
次郎は毎晩思うて寝るのだ。

20181105

光を浴びているほうがいい


正しいことを言うときは
相手を傷つけやすいものだと
気づいている方がいい

立派でありたいとか
正しくありたいとかいう
無理な緊張には色目を使わず
ゆったりゆたかに
光を浴びているほうがいい

〜吉野弘〜

20181102

陸沈


誰になんと言われようと
私はこれが好きだというものを
持つているということ

好きだという代償として
せめて周囲との関係に迷惑を
なるべくかけないこと

同時に他人のそれに寛容であること

20181020

メディテーション


22時、誘われて夜の湖へ

波無し、風なし月あかり
トロッとした水の感触と
クッキリ見える山の稜線

真っ暗な故に研ぎ澄まされる五感
全て予測できない新しい発見
これには、たいそう感動した

はぁ〜〜〜。ため息しか出ない。
「瞑想的」と無意識にも言ってしまったほど

ガイドしてくれた2人に大感謝です

20181019

龍の眼


今回もキャンプ場の一番奥の湖畔サイト
スモークナッツしながらボーッとしてたら
おばさんに話しかけられた。「その煙出てる箱はなに?」

発音でピンときた。
「私は仕事で数年、新竹、桃園に、、」というと
ワオォ!ニコニコがさらに増し、一気に
距離が近くなった。台湾から、娘と2人旅だという。

たいそう私を気に入ってくれたようで
烏龍茶と乾果をいただいた。

お茶と龍眼との相性は最高で
たのしみながら台湾を思い出し、
思い出し・・・。また行きたいな

それにしても
我が中国語のダメさ加減
とても恥ずかしかった

20181018

Ten Count


水面に「10」の数字が見える?
このところずっと悩んでたのだが
フィルム屋さんの不具合なんだって。ムム。

裏紙確認。大伸ばしすると真ん中あたりに
「KODAK 8」が写るんだろうなぁ

ストックしてた未撮影フィルムが
これまた同じロットで
ゆえに手持ちフィルム無しで、
明日から2連休で紅葉で野営で・・・
まあ、目的ひとつくらい落ちたって
おもいきり楽しむヨ

20181011

トンボ

トンボのサイズと透明な羽
完全に白黒写真向きだ

20181004

山栗

フィルム現像した。
前回フィルム購入した時におまけで付いていた
チェコ産の1本のフィルムに打ちのめされている
なんかね、
ジャパニーズとスコッチしか飲んだことない人が、
バーボンの匂いを嗅いでしまったような感

フィル現明けのコーヒーのお供は 山栗
あまり知らない遠い国にロマンが落ちていたのね

世界は広い、日本は秋だ

20180921

100点!

宇樽部、ウタルべ、
この湖畔、ハンモック乗りとして100点!
音楽の文章を読むには最高の場所です。

20180917

500/22


試験終わってすぐ、修理(遊ん)でます。
もう十何年も前に書いた「500/22」のメモ
このカメラの修理のときには、いつもこれに
助けられている。この呪文がないと巧く組み
あがらないのです。ありがとう十何年も前の自分。
さて撮影、うまくいくだろうか。

20180915

A Love Supreme

「至上の愛」です。

いつも、ここぞというような、
グッと気の引き締まるような、
そんな場へ行くときはこれです。

出だしが、朝の始まりというか
新たなスタート という印象が
湧いて来ます。呪文みたいなのもサイコで最高

そして2曲目の もう後戻りできない感
この2曲で会場入りして、残りの2曲で家路です。完璧
そう今日は資格摂るための試験日でした。

20180907

緑下カフェ

満腹後の緑の下カフェ
今回は直前に戴いた
味もパッケージもナイスなポテトスナックと
イサム・ノグチが二十代に書いた一説を
楽しみながらコーヒー。なんて旨いんだ!

20180821

絶景カフェ




友人とコーヒー飲みに
近くのポイントへ
ここではあまり下世話な話題にならない

20180820

酔うカレンダ


今月もあと少し
カレンダーの写真撮ってるばあいじゃない
いろんな意味で成さなくてはならないことが
詰まってきています。
嗚呼、面白雲五十菓子也。

20180812

ある時から ふと

当たり前なことが ある時から
ふと難しくなる時がある

あんなに安定して果肉の少し硬い
コロっとした梅だっのに、近年のトロけ具合
なぜなのだろうかと毎年苦心しているようだ

ともかく晴れると
撫でる風の匂いを ビビットな色を 楽しんでいる

20180729

暑いからです

なぜカリンバかって、、、
そう、暑いからです。
お約束、水辺で試奏。
手作りはあんまり音が大きくなく
独りで楽しむには最適です

初号機で結構満足してしまったけど、
2号機どうしよう。スコップの切れ端は
まだまだあるのだが。

20180724

一瞬でご執心


あのスコップから、カリンバです
音色はね、、一瞬でご執心します。

ずっと、ずーっと演奏していられる
そしてこのサイズ感
スマホいじっているようにしか見えないので
違和感なしです

20180722

タリアテッレ

先日のスコップ、折ってしまったからには
ただ棄てるってのは悔しいのよ。
土起こし用スコップに整えたくらいじゃぁね。不満残る


離れた剣先は、、、
タリアテッレくらいの幅に縦に切って、、、

20180719

夢じゃない。ようだ。


あさ早くにパッと目が覚めて撮影に出た。ようだ。

最近読んだ ある人の本によると、
楽観的な人ほど睡眠時間が少なくて済むようだ
心の状態が変われば睡眠時間も変わるのかしら
と思いながら撮影して、気がついたらフラフラで
二度寝して昼前に起きた。楽観的じゃない二度寝

撮影に行ったことも少し夢の中のような気だったが
小さいデジカメには少ないけど記録があり、そして、
撮影済みのフィルムが4本カバンにしっかり入っていた

20180713

花のキャラクター


伝えたい意図や内容によるけれど
カラーの写真は、本当にこの色だったのか
感情が色にプラスされていないか?と、
いつも疑う癖がついている

でもポピーに関しては対象外となっている

20180711

骨の折れる


ボキッと折ってしまったのだった
こうゆうときの折ってしまった人が
新しいものを買ってくるという空気
なんてズルいのだ

20180627

ゆっくり長〜く


最近は少しシンボリックなところを選んでいます
ここでは広いグランドに1筋の影が時間とともに
ゆっくり長〜く伸びていきます

20180626

コダッッックッ!


ムムム。。。20年フィル現してて
こんなフィルムの不具合はじめて
裏紙の印刷がフィルム面に移って
残ってしまっている。
未だ根強く人気なコダックでも
なんか質が落ちているような。
まあ気にせず次を撮るのみですな

20180621

朝散歩

日本のどこかの農村に生えてたであろう
ネギがお隣さんと一緒にきれいになって
上京し、さあこれからって時に
なぜか雨の東京のと真ん中に放置させられた
と思いねえ

20180620

うまい

本当に美味しい料理を食べた時
隠し味とか職人の意図なんか詮索しない
感動に身を浸した方が何倍も楽しめるからだ

五木田さんはそんなのと同じよう
美味なのだ、うまいのだ


20180619

でもね

ビスが3本共に緑色
この感じ、やな感じ


出たー的中
でもね、さすが米谷さん
被害が最小限な設計

20180611

経って経って立った

「もう一枚」と言って1度解散して5年後
更に「もう一枚」と言ってまた解散して
また5年経った と おもいねえ


20180607

ハルゼミ

人も蚊もいないし、シュラフ寝には適温だし
焚き火も温かいし、サラッとした風が吹く。
本当は梅雨前のこの時期が一番
キャンプに適していると思う。

でも時間無しだよね 友人とコーヒーだけタイム
木陰を狙って椅子とテーブルをズラしながら
3時間くらいハルゼミを浴びた

20180602

クルミ割り

今日は朝からクルミ割り
石器時代の人からしたら、初夏にクルミ割るなんて
お前はアホかと言われそうです。
海や山に食べ物沢山あるだろうよと・・。がしかし、
冬にはまた大量にクルミが襲来しそうな気配なのです。
今あるクルミをやっつけないとなのです。

20180523

新しい加工、ただし手数増し


新しい加工を覚えた ただし手数増し
だが、。これで耐久性はバツグンなはず。

最近、朝の寝起きにいろいろと思いつく
「はじめて考えるときのように」を思い出している
最近話題のようだ

20180514

遊星ギア

デジカメのお次はメインのカメラの調子が今ひとつ
たぶん五月病、気候のせいだな

原因はこれ、遊星ギアというのだそうだ、
回転しているギア自身も回るという機構
お掃除して完了


バラシついでにこちらはシンクロコンパーさん
結構綺麗で調子良さそう、今後数十年は余裕っぽい

けどフィルムが続いてくれるかどうか
今年、フジが白黒フィルムを作らなくなってしまった。

20180506

トロッと

デジカメがだんだん調子悪くなってきた
使いすぎか、

ピントとシャッター押すタイミングが合わない、
それはそれで いい意図しないボケ具合を出すのだが
おのずと、枚数が多くなり、酷使しているようにも思う

頑張れ頑張れと思いつつもどんどん押し続ける

gwは母と妹とでシャガール、
アレコホールで少しトロッと寝る

20180429

今年から

花粉過多が去ったようだ、よかったよかった
今年人生ではじめて花粉にやられて
確かに、たいへんな現代病だと実感

柔らかいティッシュのありがたさ
ポケットティッシュのありがたさよ

年中グスグスしている人もいる様子
お察しします、今年から

20180422

サクラ

箱カメラと
例の青くなる紙を本に挟んで
サクラを撮りに

ピンホールの方は
手作り感光紙の感度が低すぎて
1時間本読みしてても全く反応せず断念
押し花のような写真が思いの外、巧く表情が出て
写真として成り立ってしまっていることに感動している

20180419

光画

ゆっくりと光画を勉強し直しています。
紙の上に真青と真白と淡い青を同時に出すの少し大変

いままでの印画紙選びは、紙選びになり
仕入れは画材屋さんなりました。

なんか「趣味は写真」とは言いづらくなっていて
「光画」がしっくりくるような気配です